teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


3月の韓国建築のミニ展示と学習会

 投稿者:昭和の庶民史を語る会  投稿日:2019年 2月11日(月)06時32分31秒
  『韓国建築の保存と解体についてのミニ展示』旧ソウル駅舎、旧朝鮮総督府庁舎の建築についての当時の保存運動の資料、写真を見ながら歴史建築の保存の意味を考える。2019年日3月9~16日。AM10~20時まで。北野田駅前の堺市立東図書館。関心のある人はご笑覧いただければ幸い。09042891492。




変更
『幻燈で見る韓国建築の保存と解体』旧ソウル駅舎、旧朝鮮総督府庁舎の建築を比較しながら歴史建築の保存の意味を考える。歴史建築の保存の意義は平和の構築だと考えています。2019年日3月16日。AM11時から北野田駅前の堺市立東図書館。講師・明治建築研究会代表柴田正己。問合ー09042891492
 
 

(無題)

 投稿者:昭和の庶民史を語る会  投稿日:2019年 2月10日(日)20時03分58秒
  『名護市辺野古浜埋め立て工事と戦争を考えるミニ展示』平成31年2月9日(土)~16日(土)10:00~20:00。堺市立東図書館。問い合せ-昭和の庶民史を語る会。電話072-236-3357。2月16日AM11時から堺市立東図書館で、沖縄の基地問題の記録映像を見ながら現況を報告し、普天間基地移転問題を考える。

平成31年2月9日(土)~16日(土)10:00~20:00。堺市立東図書館。問い合せ-昭和の庶民史を語る会。電話072-236-3357。関西から沖縄県の県民投票を応援する為の『名護市辺野古浜埋め立て工事と戦争を考えるミニ展示』埋め立て工事を反対する資料、週刊誌に記載された辺野古移設反対を訴えた論争「失われんとするー辺野古浜のために」の記事、辺野古浜への移転賛成、反対の新聞記事なども展示します。

展示の最終日、2月16日AM11時から堺市立東図書館で、沖縄の基地問題の記録映像を見ながら現況を報告し、普天間基地移転問題を考え、当日、大阪でも模擬投票をやります。

大阪府堺市東区大美野155-13、昭和の庶民史を語る会。電話072-236-3357。
 

2月の沖縄基地問題ミニ展示と学習会

 投稿者:昭和の庶民史を語る会  投稿日:2019年 2月10日(日)17時01分20秒
  『名護市辺野古浜埋め立て工事と戦争を考えるミニ展示』平成31年2月9日(土)~16日(土)10:00~20:00。堺市立東図書館。問い合せ-昭和の庶民史を語る会。電話072-236-3357。2月16日AM11時から堺市立東図書館で、沖縄の基地問題の記録映像を見ながら現況を報告し、普天間基地移転問題を考える。  

3月の学集会

 投稿者:明治建築研究会、昭和の庶民史を考える会  投稿日:2019年 2月 5日(火)16時35分46秒
  明治建築研究会、昭和の庶民史を考える会

『昭和史を考える記録映像上映会』「太平洋戦争への道(3戦線拡大)忘れられてゆく戦争 の記録映像を見ながら昭和史を学び、考え、語り合う。戦争体験者から戦時中の話を聞きながら語り合う。2019年3月9日AM11時~堺市立東文化会館。昭和の庶民史を語る会。問合ー072ー2363357。


『懐かしい明治建築の保存と再生・解体の幻燈上映会13』建築は時代を雄弁に語る歴史の生き証人だと言われます。懐かしい歴史建築を見ながら保存と開発について考えます。2019年日3月16日。AM11時から北野田駅前の堺市立東図書館で。講師・明治建築研究会代表柴田正己。問い合ー09042891492。


 

2月の沖縄基地問題のミニ展示と

 投稿者:昭和の庶民史を語る会  投稿日:2019年 2月 4日(月)16時03分47秒
  沖縄の県民投票を応援する為の『沖縄県名護市辺野古浜埋め立て工事を考えるミニ展示』平成31年2月9日(土)~16日(土)10:00~20:00。堺市立東図書館。問合-昭和の庶民史を語る会。電072-236-3357。普天間基地の名護市への移転について賛成、反対の新聞記事、週刊誌に記載された埋め立て工事を止めるように訴えた論争「失われんとするー辺野古浜のために」なども展示します。なお、2月9日AM11時から堺市立東文化会館で沖縄の基地問題の記録映像を上映します。名護市辺野古浜の埋め立て工事の原状について報告し、話し合います。関心のある人はご自由においでください!。昭和の庶民史を語る会。


 

2月の展示と上映会

 投稿者:昭和の庶民史を語る会  投稿日:2019年 2月 3日(日)20時17分11秒
  新年会で露天風呂を愉しみながら、「沖縄の基地問題のミニ展示」にお誘いする。国策に反対は出来ないと言われたが、一人でも多くの人が来てくれれば有り難いです。2月9~16日。堺市立東図書館。9日はAM11時から堺市立東文化会館で「沖縄の基地問題の記録映像の上映会」電話072-2363357。

「沖縄の基地問題のミニ展示」の準備をしながら、新年会で八尾グランドホテルで天然温泉、大衆演劇・劇団神龍座 澤村神龍の芝居を愉しむ。厳しい現実の問題を考えながら新年会に参加。露天風呂につかりながら難しい基地問題を今後どのように考えるのかについてみんなでいい知恵を出せればと思う!。


 

沖縄基地問題のミニ展示

 投稿者:昭和の庶民史を語る会  投稿日:2019年 1月31日(木)14時33分12秒
  『沖縄県名護市辺野古浜埋め立て工事を考えるミニ展示』平成31年2月9日(土)~16日(土)10:00~20:00。堺市立東図書館。問合-昭和の庶民史を語る会。電072-236-3357。週刊誌に記載された埋め立て工事を止めるように訴えた「失われんとするー辺野古浜のために」も展示します。ご笑覧ください。  

沖縄問題のミニ展示と話し合い

 投稿者:昭和の庶民史を語る会  投稿日:2019年 1月31日(木)14時20分49秒
  『沖縄県名護市辺野古浜埋め立て工事を考えるミニ展示』平成31年2月9日(土)~16日(土)10:00~20:00。堺市立東図書館。問合-昭和の庶民史を語る会。電話072-236-3357。2月16日AM11時から辺野古浜の埋め立て工事の原状について報告し、話し合います。関心のある人はご自由においでください!。  

『沖縄県名護市辺野古浜埋め立て工事と戦争遺構を考えるミニ展示』

 投稿者:昭和の庶民史を語る会  投稿日:2019年 1月21日(月)19時56分23秒
  『沖縄県名護市辺野古浜埋め立て工事と戦争遺構を考えるミニ展示』平成31年2月9日(土)~16日(土)10:00~20:00。堺市立東図書館。問い合せ-昭和の庶民史を語る会。電話072-236-3357。普天間飛行場を名護市へ移転させる事に反対する市民の声、戦争の歴史を静かに物語る生き証人の戦争遺構等。

 

1「失われんとするー沖縄県名護市辺野古浜のために」

 投稿者:近現代史研究会  投稿日:2019年 1月16日(水)19時13分56秒
  1「失われんとするー沖縄県名護市辺野古浜のために」


「失われんとするー沖縄県名護市辺野古浜のために」今まさに美しい海辺が埋め立てられようとしている、お前がかって存在したことさえも葬りされようとしている。どうしたらよいのか、辺野古岬の先端の一部が埋め立てられ、後は本格的な埋め立て工事を待つだけである、辺野古移設は日米両政府が合意し、普天間飛行場の危機を除去するためには、辺野古への移設が最善だと日米政府は強調するが、沖縄県民の多くは反対を続けている。年末から県民の反対の声を踏み躙り工事を強行しているが、誰も工事を止められないでいる。辺野古の反対小屋から、工事現場を眺めるとき、誰も美しい自然を否定する事は出来ない。


しかし、現在の状況を考えれば、日米合意による危険な普天間飛行場を移転させる為には、自然環境の保護、埋め立て反対などは言ってられない。早急に名護市辺野古へ移転させるべきだと考える人は多い。理想論を唱える人は、軍事基地絶対反対だと言うが、厳しい東アジア情勢の現状を考えれば、沖縄の米軍基地は必要だと言うが、移設と言いながらこれ以上の新基地増設は許されないと考えている。
沖縄県民の意見の対立、国民の無関心な事をいいことに埋立地の環境対策は万全だ、珊瑚も移設したと総理大臣は話し、県民の反対の声を踏み躙り埋め立て工事を着々と進めて、新軍事基地は建設されようとしている。国防は国の専権事項だと考え、多くの誤魔化し、県との取り決めなどを無視して工事を強行している。我々は普天間移転計画の総本山と考え辺野古浜の埋め立て工事を止め、見直すように日米両政府に要望しているが、現状は埋め立て工事は始まっていて、今更、手遅れだ考える人は多い。政権側は、県民に寄り添いながら誠意を持って丁寧に話し合う、反対する県民に気持ちは分かると言いながら、形式的な話し合いだけで強引に工事を進めている。20数年前に日米は辺野古移設を合意しているが、その後の選挙で反対の民意が大きくなってきた。世界を見ても合意、約束が時間の経過で変更されている事案は散見される。県民の意見を尊重し、国の専権事項で譲れないと辺野古移転を強行しないで、埋め立て工事を早急に中止すべきである。
米国の中でも有識者の間では、日本国民の中に基地移設反対の声が高まれば、日米同盟までもが揺らいでくる恐れがあるとの声も聞かれる。反対、抵抗運動の道は、厳しくても辺野古への移設、埋め立て工事阻止を訴え続ける覚悟の人たちは多い事を、忘れてはいけない。県民の反対する声を受け止め、世界の人々の中からも辺野古移設を止めようと願う10~20万筆以上の署名が集められている現況は忘れてはならない重要事案である。
辺野古浜は、埋め立ての土砂の投入を静かに受け止め、じっと耐えている。これからは日米政府は、国内では話し済で変更しないと国民、県民の声を無視しているが、世界からの反対の声を真摯に受け止め、早急に埋め立て工事をとめるべきである。後世に悔いを残さないためにも埋め立て工事を中止し、普天間飛行場の県外、国外移設を再検討すべきである。今からでも決して遅くはない・・・。
この小文は、民芸運動を起こした思想家・美学者・柳宗悦の「失われんとするー朝鮮建築のために」(大正11年、『改造』)に感激してこの文を参考にパロディ風のものに作らせていただいた。批判を恐れながら埋め立て工事が強行されている現状を、なんとしても止め、辺野古移転ではない他の方法を考えて貰いたいと思う気持から柳宗悦の名文を参考にさせてもらった。ご笑覧いただければ幸いです。(沖縄問題研究会、近現代史研究会代表柴田正己。2019・01・16).

?

大阪府堺市東区大美野155-13、柴田正己(元大学教員、75歳、電話072-236-3357.)



1「失われんとするー沖縄県名護市辺野古浜のために」今まさに美しい海辺が埋め立てられようとしている、お前がかって存在したことさえも葬りされようとしている。どうしたらよいのか、辺野古岬の先端の一部が埋め立てられ、後は本格的な埋め立て工事を待つだけである、辺野古移設は日米両政府が合


2意し、普天間飛行場の危機を除去するためには、辺野古への移設が最善だと日米政府は強調するが、沖縄県民の多くは反対を続けている。年末から県民の反対の声を踏み躙り工事を強行しているが、誰も工事を止められないでいる。辺野古の反対小屋から、工事現場を眺めるとき、誰も美しい自然を否定

3する事は出来ない。しかし、現在の状況を考えれば、日米合意による危険な普天間飛行場を移転させる為には、自然環境の保護、埋め立て反対などは言ってられない。早急に名護市辺野古へ移転させるべきだと考える人は多い。理想論を唱える人は、軍事基地絶対反対だと言うが、厳しい東アジア情


4勢の現状を考えれば、沖縄の米軍基地は必要だと言うが、移設と言いながらこれ以上の新基地増設は許されないと考えている。 沖縄県民の意見の対立、国民の無関心な事をいいことに埋立地の環境対策は万全だ、珊瑚も移設したと総理大臣は話し、県民の反対の声を踏み躙り埋め立て工事を着々と進め



5て、新軍事基地は建設されようとしている。国防は国の専権事項だと考え、多くの誤魔化し、県との取り決めなどを無視して工事を強行している。我々は普天間移転計画の総本山と考え辺野古浜の埋め立て工事を止め、見直すように日米両政府に要望しているが、現状は埋め立て工事は始まっていて、今



6更、手遅れだ考える人は多い。政権側は、県民に寄り添いながら誠意を持って丁寧に話し合う、反対する県民に気持ちは分かると言いながら、形式的な話し合いだけで強引に工事を進めている。20数年前に日米は辺野古移設を合意しているが、その後の選挙で反対の民意が大きくなってきた。世界を見て

7も合意、約束が時間の経過で変更されている事案は散見される。県民の意見を尊重し、国の専権事項で譲れないと辺野古移転を強行しないで、埋め立て工事を早急に中止すべきである。 米国の中でも有識者の間では、日本国民の中に基地移設反対の声が高まれば、日米同盟までもが揺らいでくる恐れがあ


8るとの声も聞かれる。反対、抵抗運動の道は、厳しくても辺野古への移設、埋め立て工事阻止を訴え続ける覚悟の人たちは多い事を、忘れてはいけない。県民の反対する声を受け止め、世界の人々の中からも辺野古移設を止めようと願う10~20万筆以上の署名が集められている現況は忘れてはならない


9重要事案である。 辺野古浜は、埋め立ての土砂の投入を静かに受け止め、じっと耐えている。これからは日米政府は、国内では話し済で変更しないと国民、県民の声を無視しているが、世界からの反対の声を真摯に受け止め、早急に埋め立て工事をとめるべきである。後世に悔いを残さないためにも埋

10め立て工事を中止し、普天間飛行場の県外、国外移設を再検討すべきである。今からでも決して遅くはない・・・。この小文は、民芸運動を起こした思想家・美学者・柳宗悦の「失われんとするー朝鮮建築のために」(大正11年、『改造』)に感激してこの文を参考にパロディ風のものに作らせていた

11だいた。批判を恐れながら埋め立て工事が強行されている現状を、なんとしても止め、辺野古移転ではない他の方法を考えて貰いたいと思う気持から柳宗悦の名文を参考にさせてもらった。ご笑覧いただければ幸いです。(堺市東区大美野155-13、柴田正己(元大学教員、75歳)~ご意見を頂ければ幸いです。
 

レンタル掲示板
/16