teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


柴田正己著作

 投稿者:明治建築研究会  投稿日:2018年12月 8日(土)20時14分45秒
  柴田正己著作ー49『近代建築ガイドブック[関西編](共著、鹿島出版会、昭和59年)50『大阪狭山市史第4巻、資料編、近現代』(協力、終戦前に米軍機P51機が旧狭山村茱萸木に墜落の件、大阪狭山市、平成24年)51『静和館』(同志社静和館保存の投書、保存運動記録刊行会、小野恵美子、1995年)

柴田正己著作47『近代日本における住生活様式に関する研究-大正期の住宅改善を中心にしてー』(昭和59年度学位論文、兵庫教育大学、1984年)48『仁深野NO.12』(河内長野市文化財情報誌、旅館「南天苑」(旧堺大浜潮湯本館、大正2年)建物について、河内長野市教育委員会、2003年)~



柴田正己著作45『大阪の近代建築ガイドマップ(大阪中心部)』(467建築の記載、スタッフ・福田晴虔・柴田正己・山形政昭・今井準二、日本建築協会、新明弘社、1980年)46『よみがえる都市の鼓動ー中之島・公会堂』(協力、大阪都市環境会議編者・高田昇監修、都市文化社、1990年)~


柴田正己著作41『大阪の建築ガイドブック』(共著、大阪府建築士会創立30周年、昭和57年)42『路上観察学入門』(明治建築研究会の記事、筑摩書房、1986年)43『建築探偵東奔西走』(中之島公会堂の記事、藤森照信著、朝日新聞、1988年)44『淺沼組100年』(協力、淺沼組、平成4年)
 
 

(無題)

 投稿者:明治建築研究会 昭和の庶民史を語る会  投稿日:2018年12月 5日(水)17時29分26秒
  柴田正己著作20『薮内吉彦退官記念論論考』(共著「浜寺公園駅舎、中之島公会堂」など紹介、大阪・郵政考古学会、昭和63年)21『大阪の建築300ガイドブック』(協力、大阪府建築士会、1992年)22全国巡回報告会『街と建物ー明治・大正・昭和』(協力、トヨタ財団記念事業報告書1981年)

柴田正己著作23『人・大阪・建築40年』(大阪府建築士会創立40周年記念誌、「温故知新」記載、1992年)24『創立80年』(編集、堺市立工業高等学校、昭和60年)25『日本紳士録』(交詢社出版局、2004年)26『現代日本人名録』(日外アソシエーツ、紀伊国出版、2004年)~


柴田正己著作27『みなおそう堺のまちー近代編ガイドマップ』(協力、堺青年会議所、昭和40年代)28『モダン・シティふたたびー1920年代の大阪へ』(協力、海野弘著、創元社、昭和62年)29『時代・社会・デザイン』(大阪市立工芸高等学校創立70周年記念誌、本館について記載1993年)



柴田正己著作30『日本赤十字社和歌山県支部庁舎調査報告書』(協力和歌山県教育委員会、昭和53年)31『甍標ー追憶・小谷方明翁』(共著小谷城郷土館、平成9年)32『大阪府文化芸術年鑑』(記載大阪文化団体連合会、1984年)33『平和への一口伝言』(共著引き上げを記念する舞鶴会平成10年)



柴田正己著作34『大阪府の近代和風建築』(協力、調査報告書、大阪府教育委員会、平成12年)35『大阪の産業記念物に関する調査研究ならびに博物館構想』(協力大阪商工会議所、昭和57年)36『大都市メインストリートの都市景観を考えるー大阪・御堂筋を中心に』(日本建築学会近畿支部1994)



柴田正己著作37『96岡山県人物名鑑』(記載、人物名鑑社、1996年)38『旧堺紡績会社工場保存運動経過』(明治建築研、摂河泉文化資料第2号、北村文庫会、昭和40年代)39『摂河泉文化資料2,3,11号他』(大阪の近代建築、北村文庫会)40『738新建大阪』共著、旧浜寺町役場保存要望)


 

柴田正己著作1

 投稿者:明治建築研究会 昭和の庶民史を語る会  投稿日:2018年12月 4日(火)21時25分34秒
  柴田正己著作1『建築計画の基礎知識』(昭和53年、学芸出版社)2『建築をつくる者の心・村野藤吾』(共著、昭和56年、なのわ塾新書)3『近代大阪の建築』(共著、昭和59年、大阪府建築士会)4『新しい建築製図』(共著、昭和47年、学芸出版社)5『大阪の近代建築ガイドブック』(共著、大阪府建築士会、平成4)柴田正己著作6『珠玉の建築中之島公会堂』(共著、1989年、日本建築学会近畿支部)7『近代建築物の保存と再生』(共著、1993年、日本建築学会近畿支部)8『日本近代建築総覧』(編集、1980年、日本建築学会)9『初めての建築計画』(共著、2000年、学芸出版社)柴田正己著作10『大阪の近代建築ガイドブック』(共著、大阪府建築士会、平成4年)11『日本の近代都市・近代建築論文集』(編集、明治建築研究会、平成8年)12『総合講座『泉州の今昔」レポート『新しさと旧さが競う街』(南大阪周辺の近代建築と戦争遺構、共著、2004年、桃山学院大学)13『西淡路(国次)高射砲陣地調査報告書』(共著、大阪市教育委員会、2006年)14『おおさかタイムトンネル 浪速写真館』(編集、読売新聞社大阪社会部、昭和60年)15『時の流れ』(小学校時代の恩師浅間節子先生の自分史、平成14年、デモシカ教師の教育雑感が記載)~柴田正己著作16『設計ノートー青少年リゾート施設』(共著、彰国社、昭和 年)17『建築の生と死』(「明治建築研究会なる集まり」記載、新建築社、長谷川尭著、昭和53年)18『20世紀遺跡』(「関西のラジオ塔」記載、栗原俊雄著、角川学芸出版、平成24年)19『
 

1月の研修会

 投稿者:明治建築研究会 昭和の庶民史を語る会  投稿日:2018年12月 3日(月)19時49分1秒
  『各地に現存する懐かしい明治建築の幻燈上映会20』建築は時代を雄弁に語る歴史の生き証人だと言われます。消えてゆく歴史建築を見ながら保存と開発について考えます。2019年日1月19日。AM11時から北野田駅前の堺市立東図書館で。講師明治建築研究会代表柴田正己。問い合わせー09042891492。


『昭和史を考える記録映像上映会』「太平洋戦争への道(3戦線拡大)忘れられてゆく戦争 の記録映像を見ながら昭和史を学び、考え、語り合う。戦争体験者から戦時中の話を聞きながら語り合う。2019年1月12日AM11時~堺市立東文化会館。昭和の庶民史を語る会。問合ー0722363357。


 

12月の研修会

 投稿者:明治建築研究会 昭和の庶民史を語る会  投稿日:2018年12月 3日(月)11時26分49秒
  『昭和史を考える記録映像上映会』「太平洋戦争への道(2開戦)」忘れられてゆく戦争 の記録映像を見ながら昭和史を学び、考え、語り合う。戦争体験者から戦時中の話を聞きながら語り合う。平成30年12月8日AM11時~堺市立東文化会館。昭和の庶民史を語る会。問合わせ0722363357。




『各地に現存する懐かしい明治建築の幻燈上映会19』建築は時代を雄弁に語る歴史の生き証人だと言われます。消えてゆく歴史建築を見ながら保存と開発について考えます。平成30年日12月15日。AM11時から北野田駅前の堺市立東図書館で。講師明治建築研究会代表柴田正己。問い合わせ09042891492。

 

12gatu

 投稿者:明治建築研究会  投稿日:2018年12月 3日(月)11時13分56秒
  12月8日は、なんの日か知らないという人が多い。戦争を忘れない為のささやかな展示「太平洋戦争開戦を考える為のミニ平和と戦争展8」平成30年12月8~15日(9時~21時)。スーパーサンエー大美野店。戦災で焼ける前の堺の町並み絵図、戦争遺構の写真、戦災を受けた地図など、ご自由に!。  

「太平洋戦争開戦を考える為のミニ平和と戦争展8」

 投稿者:明治建築研究会  投稿日:2018年11月26日(月)14時57分18秒
  73年前の「太平洋戦争開戦を考える為のミニ平和と戦争展8」平成30年12月8~15日(9時~21時)。スーパーサンエー大美野店。戦災で焼ける前の堺の町並み絵図、戦争遺構の写真、堺の懐かしい写真、戦災を受けた地図、世界平和を願う子供の絵他、昭和の庶民史を語る会-電話ー0722363357。  

時事問題tw18・11・15

 投稿者:明治建築研究会  投稿日:2018年11月16日(金)12時28分27秒
  時事問題tw18・11・15
1」@takedasatetsu  なぜ万博開催に反対するのですか。万博を契機に大阪や関西の復権を…「それ、本気で言ってます?わずか半年ほどの開催で、大阪、関西経済が本当に活気を取り戻せるのですか。一過性のお金が一部の企業に落ちるだけです」(小笠原博毅神戸大学教授)~騙され続ける国民ら反対の声を!

2」M米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古にある米軍キャンプ・シュワブの工事用ゲートで15日、工事車両による資材搬入が約3カ月ぶりに再開。政府による1日の関連工事再開後初めてで、本格的な埋め立てに向け準備作業が加速~話し合いをしながら工事を強行する自公政権の誤魔化し、不誠実を許さぬ!

3」@Beriozka1917 安倍首相「1956年共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させる。本日そのことでプーチン大統領と合意」要は四島一括返還ではなく二島返還にまで交渉ラインを後退させた訳。領土の取り扱いを勝手に変える権利は安倍首相には無いので、解散総選挙一択~日露交渉を厳しく監視すべきダ!

4」@shiikazuo(会見で日露領土交渉について問われ)「2島先行返還」はありうるが、その場合は中間的な友好条約で処理し、平和条約は領土問題の最終解決の段階で締結すべきだ。「2島で平和条約」は絶対やってはならない。戦後処理の不公正にメスを入れ全千島列島返還を内容とする平和条約を締結すべきダ!

5」M憲法9条  安倍政権による9条改憲は認められない。小池晃・共産党書記局長。海外での無制限の武力行使に道 昨年5月の安倍首相による9条改憲発言を受けて、自民党は日本国憲法に自衛隊の保有を書き込む案を発表。「現に存在する自衛隊を書き込むだけで、今と何も変わらない」というが~嘘である!

6」「何も変わらない」ならば改憲の必要もない。「何も変わらない」ことなど、ありえない。自民党案では、戦力の不保持と交戦権の否認をうたった憲法9条2項の後に「憲法9条の2」として「前条の規定は……必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として自衛隊を保持」~憲法改悪反対!

7」@AokiTonko 歯舞・色丹の2島返還は、事実上、国後・択捉島の放棄、ロシアへの献上を意味。2島返還をエサに支持率を上げ、改憲に打って出るのが安倍の腹だ。自分の名声ためなら国土をも渡すこれが売国でなくて何だ?しかも2島の返還さえ、空手形の可能性が強い~安倍政権の宣伝のように思える不安が!

8」Stop!辺野古新基地建設! 「僕の名は、エズラ。戦闘を体験した帰還兵。アフガニスタン戦争に。絵に描いたような戦争体験の持ち主なんだ。まず言いたいことは米軍は日本にいるべきじゃない。第2次大戦なんて70年、80年も前の話じゃないか。なんでいまだに米軍が日本にいるんだい?~新基地建設阻止!。

9」そのうえ、新しい基地を作るんだって(笑)だめだよ。おかしいよ、そんなこと。きみたちから、教えてもらうまでこの[辺野古の]新基地のことなんて、全然、まったく知らなかった。おかしいよ、そんなの。特に、新基地を作るなんて。ノー!。」~これ以上、沖縄に基地の増築を絶対に許すべきでない!。

10」@tamakiyuichiro やはり安倍総理は「1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速する」ことに踏み込んだ。代表質問でも提案したが、最善ではないものの今は #日ソ共同宣言 を土台にするのが現実的だ。これで2島返還に向け、早ければ来年のG20で平和条約を結ぶ可能性も~宣伝に騙されないように!

11」N北方領土を巡る交渉が新たな動き。安倍首相は1956年の日ソ共同宣言を基礎に「交渉を仕上げる」決意を表明。宣言に明記された歯舞群島と色丹島の2島返還が軸となる可能性が~長年の悲願達成で喜ぶ人は多いが、安倍政権の嘘、誤魔化しの酷い政治を見せ付けられているので信じられない国民達の嘆きが!

12」選挙活動もいいが、続く公明党地方議員の政務費の不正受け取りなどについて真剣に反省すべきだ。公明党は、不正を放置したまま同じ過ちの繰り返しで、選挙だけをお願いするならば国民は絶対に信用しない。自民に言いなりの現状、公明党元大臣のガソリン代誤魔化し不正など含めて説明すべきである!。

13」大橋巨泉。安倍政権への怒りを筆頭に巨泉氏が息を引き取る直前まで我々に伝えようとしていた権力への反発のメッセージを紹介。 〈今のボクにはこれ以上の体力も気力もありません。だが今も恐ろしい事や情けない事、恥知らずな事が連日報道。書きたい事や言いたい事は山ほどある~自公政権打倒を祈る!

14」しかしこのままでは死んでも死にきれないので、最後の遺言として一つだけは書いておきたい。安倍晋三の野望は恐ろしい。選挙民をナメている安倍に一泡吹かせて下さい~多くの国民は騙されて自公政権を認めているが、真実の安倍氏を知らないで人気だけで支持している怖さを知るべきである。近現代史研

15」今まで教えられてきた歴史の見直しが重要だと思わせる図書が出版続出。恐ろしさを噛み締めている人は多い。子供の頃、西部劇を見て保安官は善人、インデアン悪者と信じていた。日本のチャンバラでは、鞍馬天狗善人、近藤勇悪者、日米戦争は自衛戦争思っていた。歴史の見直しが重要である。近現代史研

16」恩師から自分史を書くように進められていたが、雑用に追われなかなかその気にもならない。入院を契機に終活の準備も兼ねて自分の歩いてきた道をたどることも無駄ではないかもと考える。大したことのない人生でも整理してみるのも無駄ではないかも知れない。twで自分史を書きたいと思う今日この頃!。

17」近くのマンション建設反対運動で嫌な思いを。反対運動をしたグループが金を貰っていたとの噂が撒き散らされてきたが、10数年後に地域の古老から最後まで反対し、金を受け取らなかった貴方は立派という人もいると聞かされて感激。高層化してゆく地域の住環境を考えたいが金で踏みにじられる現実が!

18」@suzukimariko753 国民との約束を反故にした方がたくさんいる党が国民から再び信頼を得る事はありません。甘く考えない方がいい…今は、悪しき安倍総理、自公政権を倒す為だけに共闘を。取り敢えずこの政権を終わらせなければ国民に明日はありません~国民の無関心が政治を腐敗させる。目覚めよ国民!

19」@shiikazuo 東京府中市で訴え。第2会場まで一杯の熱気にあふれました。
統一地方選、参院選で、首都東京から共産躍進の大波を!市民と野党の共闘で、選挙に勝ち、安倍政権に引導をわたそう!「米国いいなり」「財界中心」「憲法破壊」の政治を変えよう!~国民を愚弄する自公政権問答無用で打倒を!

20」K片山さつき地方創生担当相は14日の衆院内閣委員会で、関連する政治団体の政治資金収支報告書の度重なる訂正に関し「全てチェック。これ以上はないと考えている」と述べた。閣僚辞任は否定。無所属の今井雅人氏への答弁~誤魔化しを続ける出鱈目大臣を次の選挙で国民は、絶対に落選させるだけである。
 

『各地に現存する懐かしい明治建築の幻燈上映会18』

 投稿者:明治建築研究会  投稿日:2018年11月15日(木)20時48分5秒
     『各地に現存する懐かしい明治建築の幻燈上映会18』建築は時代を雄弁に語る歴史の生き証人だと言われます。消えてゆく歴史建築を見ながら保存と開発について考えます。平成30年日11月17日。AM11時から北野田駅前の堺市立東図書館で。講師・明治建築研究会代表柴田正己。携帯ー09042891492。
 

A社説。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設

 投稿者:近現代史研究会  投稿日:2018年11月13日(火)21時18分48秒
  A社説。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設をめぐり、政府と沖縄県による集中協議が始まった。政府は「辺野古が唯一の解決策」という思考停止から脱却し、県の主張に耳を傾け、実効性ある打開策を探るべきだ。

 集中協議は沖縄県側が開催を求めた。杉田和博官房副長官と謝花喜一郎副知事の間で、今月末まで行われる。政府が対話に応じたのは、先の知事選で「辺野古ノー」を掲げる玉城デニー氏を圧勝させた民意を無視できなかったためだろう。

 しかし政府は、協議の最中も工事を止めないと表明した。話は聞くが、方針は変えないと宣言したに等しい。これでは、まともな話し合いにならない。

 8月に急逝した故翁長雄志(おながたけし)前知事のもとで15年に行った集中協議では、1カ月間、工事が中断された。今回、なぜ同じ対応がとれないのか、政府から納得できる説明はない。

 県は8月末に埋め立て承認を撤回したが、政府はその効力停止を決め、今月初めに工事を再開した。本来、国民の救済を目的とした行政不服審査法に基づいて防衛省が申し立て、それを身内の国土交通相が審査して認めたのだ。法の趣旨からの逸脱は明らかである。

 そうまでして急ぐ背景には、埋め立ての賛否を問う県民投票が、来年2月にも実施されることがあろう。その前に工事を進め、反対派の意思をくじくのが狙いとみられている。

 ところが、ここに来て、年内の土砂投入が難しくなった。土砂を運び出す港が台風で壊れ、復旧が来年にずれ込む公算が大きいためだ。ならば一層、工事を急ぐ必要はあるまい。

 辺野古移設の見直しを求める世論は全国に広がりつつある。朝日新聞社の10月の世論調査では、知事選の結果を受けて方針を「見直す必要がある」と答えた人が55%で、「必要はない」の30%を上回った。移設の賛否を問うた昨年4月の調査では賛成36%、反対34%と拮抗(きっこう)していたが、今年9月は賛成31%、反対45%と逆転した。

 沖縄の意思を直接訴えるため、米国を訪問中の玉城氏は11日、ニューヨーク大での講演後の質疑で「どんなに追い詰められても、対話というキーワードは絶対に捨てることはできない」と語った。

 日本政府はこの声にどう応えるのか。日米関係や地方自治、民主主義のありようまで複雑に絡まるのが「辺野古」の問題である。その糸を解きほぐす対話に、政府は今度こそ誠実に向き合わなければならない。
 

レンタル掲示板
/14