teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


マイルCS結果

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年11月19日(日)21時29分26秒
  マイルCS
1着ペルシアンナイト
2着エアスピネル
3着サングレーザー
4着レーヌミノル
5着イスラボニータ

馬場は多少回復して、やや重で行われた。
勝ったペルシアンナイトは後方を追走。
直線では馬群の間から伸びてきて、ゴール寸前で捕らえた。
他の馬とは直線の伸びが違っており、枠順を考えると着差以上の強い競馬。
この路線で一気に世代交代が進みそうで、来年以降の活躍が楽しみになった。
2着エアスピネルは中団を追走。直線で先頭に立って突き抜けた瞬間は勝ったかと思ったが、
最後の最後に差されてしまった。最高の競馬をしての結果なので、相手が悪かったとしかいえない。
今までより、末が伸びるようになってきたので、どこかでGⅠ勝てそうな気がする。
3着サングレーザーは中団を追走。直線は勝ち馬と同じような脚で伸びて来た。
折り合いさえつけばマイルでも問題ないようで、こちらも3歳馬。
今後、勝ち馬のライバルになっていきそうだ。
4着レーヌミノルは先団を追走。直線では早めに先頭に立ってから粘りこんだ。
やはりこのくらいの距離が良いようで、来年のヴィクトリアマイルなら好勝負しそうだ。
5着イスラボニータは中団を追走。直線で脚を伸ばしてきたが、今ひとつ。
前走不利な条件で走り過ぎた反動もあったか。
これから力が衰えていくだけに、もうGⅠ制覇を望むのは難しそうだ。
 
 

マイルCS予想

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年11月18日(土)21時09分48秒
  マイルCS
◎イスラボニータ
〇エアスピネル
▲レッドファルクス
△サングレーザー
△グランシルク
△ペルシアンナイト
△クルーガー

馬場は回復してもやや重までだろう。
本命はイスラボニータ。前走は不利な条件が重なった中での2着。改めて力を示した。
道悪が残っても問題なく、抜けた馬のいない、この組み合わせなら、
久しぶりのGⅠ制覇がありそうだ。
対抗にエアスピネル。前走は道悪も味方したが、鮮やかな内容だった。
この距離なら大崩れせず、突然の乗り替わりも問題なさそうだが、
決め手がないだけに、勝ち切るまでは想像できない。
3番手にレッドファルクス。前走は鮮やかな末脚での連覇。
切れすぎるだけに距離に対する不安が拭えず、ここまでの評価とした。
メンバー的にあっさり勝たれる可能性もある。
あとは、連勝中も距離微妙なサングレーザー、展開が向きそうなグランシルク。
枠順が痛恨だが、力ある3歳馬ペルシアンナイト、一叩きしたクルーガーまでおさえる。
馬券は馬連で。ちなみに今年これまでのGⅠ予想成績(馬連ベース)は4勝13敗です。
 

エリザベス女王杯、福島記念結果

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年11月12日(日)21時06分40秒
  エリザベス女王杯
1着モズカッチャン
2着クロコスミア
3着ミッキークイーン
4着マキシマムドパリ
5着ヴィブロス

勝ったモズカッチャンは先団を追走。
直線は内から伸びて粘るクロコスミアに競り勝った。
惜しい競馬が続いていたが、今日は好枠のチャンスを生かした。
立ち回りのうまさで好走が続いているので、
来年は地力勝負でどこまで通用するか見極めたい。
2着クロコスミアは2番手を追走。直線で先頭に立ってからは粘りに粘った。
ペースも向いたが、この形になったら強い。
すんなり前に行けそうな組み合わせなら、常に注意が必要だ。
3着ミッキークイーンは中団を追走。
直線で外から目立つ脚で伸びて来たが、ペースが遅すぎた。
力はあるのだが、順調にレースを使えないのが、もったいない。
順調ならあと一回GⅠを勝てそうなのだが…
4着マキシマムドパリは先団を追走。直線でもよく粘った。
ペースに恵まれた面はあるが、この形なら好勝負できることが分かった。
まだまだ牝馬同士の重賞なら、いい競馬ができそうだ。
5着ヴィブロスは先団を追走。直線で追い出されてから伸びが案外でここまで。
前半引っ掛かり気味だったのが堪えたか、距離も少し長かったかもしれない。

福島記念
1着ウインブライト
2着スズカデヴィアス
3着ヒストリカル

先団から伸びたウインブライトが快勝。
中団から伸びたスズカデヴィアスが2着。
後方から追い込んだヒストリカルが3着。
 

エリザベス女王杯、福島記念予想

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年11月11日(土)21時11分9秒
  エリザベス女王杯
◎ヴィブロス
〇ルージュバック
▲スマートレイアー
△ディアドラ
△クイーンズリング
△ミッキークイーン
△モズカッチャン
△リスグラシュー

本命はヴィブロス。鞍上の好騎乗もあったが、
ドバイでの実績を考えれば、このメンバーなら負けられない。
距離、コースとも問題なく、一叩きして状態も万全。力を見せつけるはず。
対抗にルージュバック。いつ走るかわからない面はあるが、
前走はこれまでと違う形での勝利。まだまだ衰えはないようだ。
頼れる鞍上を得た今回は、悲願のGⅠ制覇のラストチャンスになりそう。
3番手にスマートレイアー。前走は牡馬相手に圧巻の内容。
自在性もあり、今回も大崩れはしないだろう。
あとは、秋華賞馬ディアドラ、前年の覇者クイーンズリング。
休み明けだが力あるミッキークイーン、内枠を生かせそうなモズカッチャン。
距離微妙も末脚が安定しているリスグラシューまでおさえる。
馬券は馬連で。ちなみに今年これまでのGⅠ予想成績(馬連ベース)は4勝12敗です。

福島記念
◎スズカデヴィアス
〇サンマルティン
▲ウインブライト
△フェルメッツァ
△フルーキー
△マイネルミラノ
△ショウナンバッハ
△マサハヤドリーム

スズカデヴィアスの巻き返しに期待。
ウインブライトが、古馬相手にどこまで通用するかにも注目。
 

アルゼンチン共和国杯、みやこS結果

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年11月 5日(日)19時21分41秒
  アルゼンチン共和国杯
1着スワーヴリチャード
2着ソールインパクト
3着セダブリランテス

先団の内を追走したスワーヴリチャードが完勝。
同じく先団から伸びたソールインパクトが2着。
先団から粘ったセダブリランテスが3着。

みやこS
1着テイエムジンソク
2着ルールソヴァール
3着キングズガード

先団から伸びたテイエムジンソクが完勝。
中団から伸びたルールソヴァールが2着。
最後方から追い込んだキングズガードが3着。
 

アルゼンチン共和国杯、みやこS予想

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年11月 4日(土)23時53分5秒
  アルゼンチン共和国杯
◎スワーヴリチャード
〇アルバート
▲セダブリランテス
△プレストウィック
△デニムアンドルビー
△レコンダイト
△ハッピーモーメント

東京コースと相性が良いスワーヴリチャードが本命。
長距離で安定して走る、プレストウィックにも注目。

みやこS
◎テイエムジンソク
〇エピカリス
▲トップディーヴォ
△モルトベーネ
△アスカノロマン
△ローズプリンスダム
△タガノヴェリテ

本格化したテイエムジンソクが本命。
立て直したモルトベーネにも注目。
 

天皇賞・秋結果

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年10月29日(日)21時16分36秒
  天皇賞・秋
1着キタサンブラック
2着サトノクラウン
3着レインボーライン
4着リアルスティール
5着マカヒキ

先週同様の大雨で極悪馬場で行われた。
勝ったキタサンブラックはスタートで出遅れ、いつもと違い中団から。
荒れたインをもろともせずに進出し、4角で2番手まで浮上。
直線は先頭に立ってから、驚異の粘りで押し切り勝ち。
懸念された道悪も問題なく、相変わらず強い内容。
あとは疲労がどの程度残るかだろう。
2着サトノクラウンは先団を追走。終始抜群の手応え。
直線で追い出されると伸びたが、相手が予想以上に粘った。
力は十分に見せた。勝ち馬同様、疲労の回復具合で今後が決まりそうだ。
3着レインボーラインは中団を追走。直線では着実に脚を伸ばしてきた。
得意の道悪になったのが味方した。内容からスタミナも十分にあるようだ。
4着リアルスティールは先団を追走。直線で伸びきれなかった印象。
ある程度の道悪はこなせるが、ここまで悪くなるとさすがに厳しかったようだ。
5着マカヒキは後方を追走。直線で脚を伸ばしてここまで押し上げて来た。
一時の不振は脱した印象だが、このダメージがどこまで影響するか。
 

天皇賞・秋予想

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年10月28日(土)21時24分17秒
  天皇賞・秋
◎サトノクラウン
〇リアルスティール
▲ヤマカツエース
△ネオリアリズム
△キタサンブラック
△ステファノス
△グレーターロンドン
△ミッキーロケット

今週も道悪で行われることになりそう。
本命はサトノクラウン。前走はやや重馬場をもろともせず、
国際GⅠ馬の力を見せつける完勝だった。
このレースはここ2年大凡走しているが、
安定した成績で走るようになった今なら、違うはず。
枠順と馬場を味方にして、再度の完勝劇に期待したい。
対抗にリアルスティール。この条件が一番合っており、状態今ひとつだった昨年も2着。
立て直した前走も快勝で、道悪も問題なく、国内GⅠ制覇の可能性もある。
3番手にヤマカツエース。前走はここに向けた一叩きの面もあり、案外だった。
一叩きした今回は万全の仕上がり、しかも得意の道悪に好枠、一発の可能性は十分にある。
あとは、休み明け不安も道悪向きそうなネオリアリズム、道悪微妙も実力馬キタサンブラック。
この距離が向いてそうなステファノス、素質馬グレーターロンドン、道悪実績のあるミッキーロケットまでおさえる。
馬券は馬連で。ちなみに今年これまでのGⅠ予想成績(馬連ベース)は3勝12敗です。
 

菊花賞結果

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年10月22日(日)21時13分25秒
  菊花賞
1着キセキ
2着クリンチャー
3着ポポカテペトル
4着マイネルヴンシュ
5着ダンビュライト

台風の影響により、水しぶきが飛ぶ極悪馬場で行われた。
勝ったキセキは中団の後方を追走。
勝負所で外から進出し、直線で伸びて快勝。
馬場を全く苦にすることなく、いつものように伸びて来た。
立て直したおかげで春よりも格段に力を付けた印象。
激走のダメージが心配だが、来年以降が楽しみな存在になった。
2着クリンチャーはいつもと違い中団の後方を追走。
4角前で早めに動き、直線で先頭に立ってからよく粘った。
馬場適性と抜群のスタミナが好走の要因だろう。
次走以降で本当の力がわかりそうだ。
3着ポポカテペトルは中団を追走。直線でもじりじりと脚を伸ばし、粘った。
こちらも馬場適性とスタミナが好走の要因。
まずはオープンで通用するかを見極める必要があるだろう。
4着マイネルヴンシュは後方を追走。直線ではしぶとく伸びてきた。
スタミナは相当ある印象で、こちらも地力勝負でどこまでやれるかだろう。
5着ダンビュライトは中団を追走。勝負所から早めに動き、
直線入り口では先頭だったが、そこから伸び切れなかった。
馬場適性はあったが、極限のスタミナが足りなかった印象。
 

菊花賞予想

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年10月21日(土)20時54分38秒
  菊花賞
◎トリコロールブルー
〇マイネルヴンシュ
▲キセキ
△ダンビュライト
△アルアイン
△ミッキースワロー
△ウインガナドル
△ベストアプローチ
△サトノアーサー

ダービー馬不在で混戦模様。さらに台風の影響で未曽有の道悪馬場になりそう。
本命は、トリコロールブルー。立て直した前走は古馬相手に快勝。
春はくすぶっていた素質馬が力を付けており、道悪も心配なさそう。
好枠を活かしての大駆けに期待したい。
対抗にマイネルヴンシュ。前走は長距離適正を誇示する内容。
こちらも道悪は問題なく、スタミナもありそう。好枠から粘りこみがありそう。
3番手にキセキ。春のクラシックを諦め、ここに向けて順調に力を付けて来た。
道悪も問題なさそうで、後は外枠がどこまで響くか。
あとは道悪実績のある春の実力馬ダンビュライト、アルアイン。
前走快勝のミッキースワロー、逃げて粘りそうなウインガナドル。
道悪が向きそうなベストアプローチ、サトノアーサーまでおさえる。
馬券は馬連で。ちなみに今年これまでのGⅠ予想成績(馬連ベース)は3勝11敗です。
 

レンタル掲示板
/97