teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


天皇賞・春結果

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年 4月30日(日)21時30分47秒
  天皇賞・春
1着キタサンブラック
2着シュヴァルグラン
3着サトノダイヤモンド
4着アドマイヤデウス
5着アルバート

勝ったキタサンブラックは、大逃げを打つヤマカツライデンを離れて見る形で、馬群の先頭。
4角で先頭に立って押し切る圧巻の内容。しかもレコードのおまけつき。
枠順、展開もすべて味方につけてしまう強運ぶりは流石。
お釣りのない仕上げだったので、この後、宝塚記念を使うなら、
万全の状態で望めるかが、カギになりそうだ。
2着シュヴァルグランは先団を追走。勝負所から上がっていき、いい形で直線を迎えたが捕らえきれなかった。
昨年より力は付けているが、相手が悪かった。どこかでGⅠは勝てそうなのだが、あとは巡り合わせか。
3着サトノダイヤモンドは中団を追走。直線ではじわじわと伸びて来たが、前までは届かず。
枠順と距離適性の差が出た印象。宝塚記念での巻き返しは十分あるだろう。
4着アドマイヤデウスは先団を追走。終始勝ち馬の後ろを走り、最後までよく粘った
スタミナは豊富なタイプだが、決め脚がないので、今後も善戦で終わりそう。
5着アルバートは中団を追走。直線で伸びてはきたが、前とはかなり差があった。
長距離適正は抜群だが、今回はスピード負け。一線級に入ると力が足りない。
 
 

天皇賞・春予想

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年 4月29日(土)14時33分38秒
  天皇賞・春
◎キタサンブラック
〇サトノダイヤモンド
▲シュヴァルグラン
△シャケトラ
△アルバート
△ゴールドアクター

本命はキタサンブラック。前走は絶好の展開で貫録勝ち。
中間さらにパワーアップし、今回も内枠。
逃げる馬を見ながら、マイペースでの競馬ができそうで、ここも突破する。
対抗にサトノダイヤモンド。前走は力の違いを見せつける完勝。
力は◎と互角だが、ベストではない距離での外枠が不安材料。
3番手にシュヴァルグラン。前走を見ても上位2頭とは力の差はあるが、
その他の馬の中では最上位。どこまで食い下がれるか。
あとは上がり馬シャケトラ、長距離得意のアルバート。
鞍上強化で怖いゴールドアクターまでおさえる。
馬券は馬単で。ちなみに今年これまでのGⅠ予想成績(馬連ベース)は1勝4敗です。
 

フローラS、マイラーズカップ結果

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年 4月23日(日)18時57分52秒
  フローラS
1着モズカッチャン
2着ヤマカツグレース
3着フローレスマジック

中団から内を突いて伸びたモズカッチャンが差し切り勝ち。
先行したヤマカツグレースが2着に粘った。
同じく先団を追走したフローレスマジックが3着。

マイラーズカップ
1着イスラボニータ
2着エアスピネル
3着ヤングマンパワー

先団から内を突いて伸びたイスラボニータが快勝。
中団から伸びたエアスピネルが2着。
2番手から伸びたヤングマンパワーが3着。
 

フローラS、マイラーズカップ予想

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年 4月22日(土)21時02分22秒
  フローラS
◎ホウオウパフューム
〇アドマイヤローザ
▲フローレスマジック
△レッドミラベル
△ディーパワンサ
△タガノアスワド
△モズカッチャン

この距離で牡馬相手に勝っている、ホウオウパフュームが本命。
逃げるタガノアスワドにも注意。

マイラーズカップ
◎ブラックスピネル
〇エアスピネル
▲イスラボニータ
△プロディガルサン
△ヤングマンパワー
△ダッシングブレイズ

逃げ馬不在ならば、自在に動けるブラックスピネルが本命。
先行できればしぶといヤングマンパワーにも注目。
 

皐月賞結果

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年 4月16日(日)21時23分3秒
  皐月賞
1着アルアイン
2着ペルシアンナイト
3着ダンビュライト
4着クリンチャー
5着レイデオロ

勝ったアルアインは先団を追走。勝負所では内を回り、馬群の間から伸びた。
早い時計に対応できたことと、やはりディープインパクト産駒の瞬発力が勝因。
距離が延びても問題なさそうで、ダービーも期待できる。
2着ペルシアンナイトは中団の内を追走。最後も内から伸びて来た、最後の差されてしまった。
レース運びは完璧だったが、勝ち馬との差は切れ味の差か。
こちらはここがベストの距離と思われるので、ダービーは乗り方次第か。
3着ダンビュライトは先団の後ろを追走。直線は外か伸びて来たが、時すでに遅し。
れーすぶりからスタミナはありそうで、距離伸びて進化を発揮する可能性がある。
4着クリンチャーは、先団を追走。直線も大きくばてることもなく、粘りこんだ。
スタミナは相当にあるようで、ダービーでも逃げたら面白い存在になりそう。
5着レイデオロは後方を追走。直線では内の馬群を縫って伸びて来た。
ここが休み明けということと、最後の伸び脚からダービーでは、
現時点で最有力候補といえる。
 

皐月賞予想

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年 4月15日(土)21時23分32秒
  皐月賞
◎スワーヴリチャード
〇カデナ
▲ファンディーナ
△レイデオロ
△ペルシアンナイト
△サトノアレス
△ウインブライト
△アウトライアーズ

抜けた馬がいない上、牝馬の参戦もあり混戦模様。
本命はスワーヴリチャード。前走が鮮やかな内容。
仕上がりもよく、右回りも問題ない。
末脚は確実で、混戦向きの安定感に期待したい。
対抗にカデナ。前走は仕上り途上だったのに、強い内容。
相手関係に恵まれた感もあるが、コース経験は大きい。
こちらも確実な末脚が魅力だ。
3番手にファンディーナ。同世代の牝馬に敵なしだが、
果たして牡馬の一線級に通用するか。揉まれた時の不安が先に立つ。
あとは、休み明けが気になるレイデオロ、前走で巻き返したペルシアンナイト。
一叩きされたサトノアレス、前走快勝のウインブライト。
渋い末脚が魅力のアウトライアーズまでおさえる。
馬券は馬連で。ちなみに今年これまでのGⅠ予想成績(馬連ベース)は1勝3敗です。
 

桜花賞結果

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年 4月 9日(日)21時11分11秒
編集済
  桜花賞
1着レーヌミノル
2着リスグラシュー
3着ソウルスターリング
4着カラクレナイ
5着アエロリット

多少馬場が回復して、やや重で行われた。
勝ったレーヌミノルは先団を追走。
直線半ばで先頭に立ち、追いすがる各馬を振り払った。
これまでより、仕掛けを我慢した分、粘り切れた。
道悪もこの馬には向いていた印象。
距離はぎりぎりなので、今後どこを使うかに注目したい。
2着リスグラシューは中団を追走。直線では外から徐々に伸びてきたが、届かず。
前走から見事に立て直したが、ここを目標に仕上げ切ったので、
オークスまで好調を持続できるかが、焦点になりそうだ。
3着ソウルスターリングは中団を追走。直線では伸びそうな気配もあったが、伸びきれず。
馬場が響いた印象。距離もここまでで、今後どこで巻き消してくるか注目したい。
4着カラクレナイは後方を追走。直線で外から脚を伸ばしてきたが、前までは届かず。
こちらも道悪に持ち味を殺された印象。この馬も距離はここまでで、どこを使うかに注目したい。
5着アエロリットは後方を追走。直線で脚を伸ばしてきたが、勝負圏内までは届かず。
こちらは距離が延びたほうがよく、オークスで期待したい。
 

桜花賞予想

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年 4月 8日(土)21時14分47秒
  桜花賞
◎ソウルスターリング
〇アドマイヤミヤビ
▲ミスパンテール
△リスグラシュー
△カラクレナイ
△ゴールドケープ
△ライジングリーズン

天候の回復は望めず、重馬場で行われそう。
本命はソウルスターリング。ここまでのレース内容が抜けており、
マイルまでなら、同世代に敵はいない。
血統的に道悪も問題ない。ここは順当に勝つだろう。
対抗にアドマイヤミヤビ。前走は圧巻の走り。
今回は距離と馬場が気にかかるが、致命傷にはならなそう。今回も末脚に期待したい。
3番手にミスパンテール。キャリア2戦目の前走が好内容。
洋芝で走っているので、道悪もそこまで苦にしないだろう。
キャリアの浅さだけがマイナス材料。
あとは巻き返しを狙うリスグラシュー、末脚堅実なカラクレナイ。
道悪実績のあるゴールドケープ、連勝中のライジングリーズンまでおさえる。
馬券は馬単で。ちなみに今年これまでのGⅠ予想成績(馬連ベース)は1勝2敗です。
 

大阪杯結果

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年 4月 2日(日)16時53分16秒
  大阪杯
1着キタサンブラック
2着ステファノス
3着ヤマカツエース
4着マカヒキ
5着アンビシャス

予想よりもペースは上がらず、2番手以降はスロー。
勝ったキタサンブラックは3番手を追走。直線で早めに先頭に立って押し切った。
ペース的に絶好の位置で、すんなり運ばれてしまっては、他の馬は敵わない。
この後の天皇賞・春で、サトノダイヤモンドにリベンジできるかどうかが焦点。
2着ステファノスは先団を追走。直線に入ってもバテずに、粘り通した。
こういう形になると強いのだが、勝ち切れないのも事実。
もう少し決め脚があればよいのだが。今後も中距離なら注意は必要。
3着ヤマカツエースは中団を追走。直線で外から伸びて来るもここまで。
前が楽をしていたので、仕方のない結果。現時点での力は出し切っており、
さらに力を付けて迎えるだろう、秋の天皇賞で期待したい。
4着マカヒキは後方を追走。直線で外から伸びて来るも、前も止まらず。
もう少し強いのかと思ったが、本当の力はこのぐらいなのかもしれない。
5着アンビシャスは最後方を追走。直線では大外から伸びて来るも、展開的にここまで。
末脚は堅実だが、勝ち切るのは展開に恵まれないと厳しい。
 

大阪杯予想

 投稿者:トップガン  投稿日:2017年 4月 1日(土)21時36分44秒
  大阪杯
◎マカヒキ
〇アンビシャス
▲サトノクラウン
△キタサンブラック
△ヤマカツエース
△ステファノス
△サクラアンプルール

好メンバーが揃って混戦模様。
本命はマカヒキ。前走は道悪と距離が影響して今ひとつの内容。休み明けの分もあっただろう。
一叩きされた今回は、適距離で、馬場も良馬場に回復したことで、問題はなさそう。
前が早くなりそうなので、ダービー馬の末脚に期待したい。
対抗にアンビシャス。前走はいつもの末脚を使ったが、展開向かず。
今回は絶好の展開になりそう。折り合いに難しい面があるだけに、あとはテン乗りの鞍上次第。
3番手にサトノクラウン。立て直してからは強い内容。
若干距離が足りないが、展開でカバーできそう。ここも連勝して不思議はない。
あとは目標にされる分だけ厳しいキタサンブラック、この距離で強いヤマカツエース。
先行して粘るステファノス、無欲の追い込みが怖いサクラアンプルールまでおさえる。
馬券は馬連で。ちなみに今年これまでのGⅠ予想成績(馬連ベース)は1勝1敗です。
 

レンタル掲示板
/91