teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


からだの中には

 投稿者:宇宙塵  投稿日:2008年 6月 4日(水)14時41分55秒
  からだの中には      宇宙塵

僕の身体の中には、僕の時間がある。
ゆっくりと確実に流れる時間がある。

僕の身体の中には、僕の自然がある。
春、夏、秋、雨、曇り、晴れ、嵐
そして、冬。

僕の身体の中には、僕の命がある。
多くの命からもらった大切な命がある。

僕の時間と、自然と、命が殺されようとする瞬間に、
僕の身体の中には、優しさと勇気が湧いてくる。
誰にも侵すことが出来ないやさしさと、
ゆうきが湧いてくる。

僕の身体の中には、僕の未来がある。
生きてきたあかしとしての未来がある。

僕の身体の中には、僕のじかんと、僕のしぜんと、
僕のいのちが限りなく流れている。
ゆるぎなく、みらいに逝くものとして。
 
 

(無題)

 投稿者:宇宙塵  投稿日:2006年 4月28日(金)14時58分58秒
  イラク攻撃、開戦に反対する神奈川ピースウォークを行いました。ぼくたち車いすの仲間を先頭にゆっくり、ゆっくりと。そして、確実に。そのピースウォーク実行委員のメンバーの安藤さんからの映画の案内です。福田

春爛漫ですね、皆様お元気ですか、BCCで失礼します。

映画のご案内です。
この映画、監督の中村高寛さんも知人です。
出演者にも多数知人友人が出演しています。
写真家の森日出夫さん、小説家の山崎洋子さん、などなど。

特に元次郎さんは大好きなシャンソン歌手でした。
イラク開戦時に私達が横浜で仲間と企画したピースウォークにも
参加してくれて、唄ってくれました。

開港記念開館でのピースコンサートでは、「寿」「ナターシャグジー」
「ラヒンカユマンギ」「ジョゼ・ピニェイロ」などの演奏家の中で、
ゲイの元次郎さんはちょっと違和感を持って登場しました。

「戦争は私の、そしてメリーさんの人生をめちゃめちゃにした、
わたしは戦争が大嫌い!、シャンソンは反戦歌なの!」
毅然とシャンソンを唄う元次郎さんは
たった数曲で観客を魅了してしまいました。

その後、元次郎さんの唄に感動したたくさんの人々の声を受けて、
新横浜スペースオルタで、初夏にソロライブを企画しました。

実は末期癌に侵されていた元次郎さんのライブを企画するのは、
かなりの興行的なリスクを伴います。
しかし、唄いたいという元次郎さんの気持ちを実現するためにも、
当日のドタキャンも視野に入れ、スペースオルタの佐藤真起さんと共に、
リスクは二人で背負おうとの覚悟でした。

案の定、公演を決定し、広報をはじめてから病状が悪化し、
その後入院してしまいます。
「無理はして欲しくないけれど、もし会場に来てくれるのなら、
たとえ一曲でも良いから、椅子に座ってでも、良いから、
顔を見せてくれるだけでも良いから、お客さんは何とかするから・・・」と
複雑な要請?をシャノアールの神田さんには伝えてありました。

遂に当日を迎えます。
元次郎さんは、特別に外出許可を貰って病院からの直行でした。

元次郎さんは見事に唄いきりました。
深い感動が会場を包みました。
打ち上げのパーティーも楽しく和やかなものでした。
五大路子さん、大和田伸也さんご夫妻もお出ででした。
思ったよりお元気な様子に、皆、安心しました、きっと良くなると。

しかし、これが最後のフルコンサートになりました。
翌年、元次郎さんは帰らぬ人となりました。

元次郎さんは私の厨子を買ってくれたお客さまでもありました。
「わたしの入るお仏壇にするの!」と言ってお求め下さいました。

シャノアールでの「元次郎さんを偲ぶ会」の際、
この事をご遺族にお話して見せてもらいました。
久しぶりに見る厨子にはご両親のお位牌が祭られていました。
今、元次郎さんもそこに入っているのでしょうね。

昨年、この映画の主人公であるメリーさんも亡くなりました。
このお二人のことは、横浜の同時代の人たちの中で
永遠に語り継がれてゆく事でしょう。

~~~ヨコハマ経済新聞から転載~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ 3世代のハマっ子をつなぐメリーさんの記憶
  映画「ヨコハマメリー」が伝える戦後史
去る4月15日、横浜の伝説の娼婦メリーさんのドキュメンタリー映画「ヨコハマメリー」

が封切られた。ドキュメンタリー映画というと、ハリウッドの娯楽作とは異なり地味
な印象だが、意外にも連日立ち見が出るほどの盛況ぶりだという。ハマっ子のメリー
さんに対する関心の高さを証明した格好だ。メリーさんが横浜から去って10年以上が
経つが、ハマっ子にとってメリーさんは未だ「風物詩」であり、「街の記憶」でもあ
るのだ。  [記事の続きは]----->> http://www.hamakei.com/special/108/

&O
 

東京境界線紀行公演「ななつの大罪」のお知らせ

 投稿者:MAC OYAJI 安楽メール  投稿日:2006年 4月14日(金)23時18分21秒
  MAC OYAJI 安楽です。(^J^)

しばらく、御無沙汰していました。

いよいよ、昨年暮れより私が出演参加している舞台演劇プロジェクト・東京境界線紀行の公演が下記の様に決まりました。


東京境界線紀行公演「ななつの大罪」

日時:2006年4月30日(sun)
出発地、会場:都バス小滝橋自動車営業所(中野区東中野5-30-2)、および space EDGE (渋谷区渋谷3-26-17)
料金:前売り3、000円(受付番号を発行いたします)

公演内容や前売り情報などの詳しくは、公式サイトを御覧下さい!
http://430.mimajo.net/


東京境界線紀行は、一般社会で一括りにマイノリティとされる脳性麻痺 性同一性障害 レズビアン 摂食障害 アルコール依存症の人々が集う中でマジョリティにもなって、生命の持つ息吹きを「健常」と云われるものに吹き掛けて、相互に顔を向き合える土壌を育みながら「共に生きる」事を見出して、それらが今まで存在した生き難さを醸成し、真に生き易くする社会生活を創造していくことを目指しています。。。

もし良ければ、御一緒に旅しませんか?

皆さんの御来場をお待ちしています。
 

パッチギ

 投稿者:宇宙塵  投稿日:2005年 7月 4日(月)15時53分49秒
  ■■■ 『パッチギ!』電影夜☆ ~世界は、愛で変えられる。~■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■Contents
☆映画『パッチギ!』上映
☆井筒和幸氏、四方田犬彦氏、李鳳宇氏(予定)他スペシャルゲストによる対談
☆イベント参加者とのミニミニシンポジウム

■日時:2005年7月9日(土) 17:30開場 18:00開演 21:20終演予定

■会場:明治学院大学 白金キャンパス 3201教室
     アクセス>http://www.meijigakuin.ac.jp/access/index.html

■Charge:一般1500円(どなたでもご参加いただけます)
       学生1200円(学生証持参の方に限る)
       ※一般・学生とも、地域通貨BASを200BASまで代替可

■ゲスト(予定):『パッチギ!』監督・井筒和幸氏
          明治学院大学文学部芸術学科教授・四方田犬彦氏
          シネカノン社長・李鳳宇氏
                          ☆その他、スペシャルゲストも登場!

■お問い合わせ:Body And Soul 事務局  E-mail : info@body-and-soul.org
          ※事前予約は必要ありません。ただし、お席は先着順でご案内
            しますので、お早めにご来場ください。

■主催:Body And Soul (http://www.body-and-soul.org)
        明治学院大学・国際学部学生有志

    →Body And Soulとは?
     Body And Soul は、20代~30代の比較的若い世代が構成している、
     学生主宰のNGOです。
     「環境」「平和」をテーマに、様々な社会的活動を行っています。
     具体的な活動の例として、農業体験、日韓交流があり、
     これらは2週に1回程度の定期イベントを開催しています。

■協力:シネカノン、ハピネット・ピクチャーズ

■参考:『パッチギ!』ホームページ http://www.pacchigi.com/
 

青いリボンに、安全ピンつけて

 投稿者:Liberator  投稿日:2004年 5月22日(土)03時39分16秒
  はじめまして。Peace Web Ring経由で伺いました。

 平和とは何か? それを、ずっと考え続けています。
 爆弾が落ちてこなければ、平和でしょうか。徴兵されなければ、平和でしょうか。基地が近くになければ、平和でしょうか。
 それだけでは、平和とは言えないのでは……?

 もし、皆さんが突然誘拐されて、「我々の言うことを聞かなければ二度と家族に会えないようにしてやる」と脅されたら? 日本は「戦争」していませんが、皆さんは「平和」ではないですよね。

 戦後ずっと「平和」だったはずの日本で、「日本国憲法」によって保障されていたはずの人権を、他国の独裁者によって踏みにじられた人々がいます。拉致被害者、特定失踪者(参考サイト>http://www.chosa-kai.jp/indexjpn.htm)と呼ばれる方々です。

 そして、数十年前から幸せを奪われ続けてきた拉致被害者・特定失踪者の皆さんとご家族には、拉致問題が表面化するまで、何の助けもありませんでした。
 何一つしてこなかった、いえ足を引っ張るようなことをした政府に、活を入れる為には、行動しかありません。
 声高に叫んだり、罵ったりする必要は有りません。無言の行動が、どれだけ雄弁か。

 5月22日、晴れ渡った青空の下で、ブルーリボンをつけて歩きましょう。リボンの材料は、ありあわせの青い布でも結構です。

 それは、無名の弱者を踏みにじることへの拒否であり、家族の幸せを願う当たり前の気持ちの表れなのですから。

http://www.rnet.gr.jp/

 

(無題)

 投稿者:宇宙塵  投稿日:2004年 4月21日(水)23時24分48秒
   僕の知り合いの若者達が「NO.9」~japan as no.9、「憲法9条」の9を広めています。

            999999999999999999999999
            渋谷スクランブルジャッ9
            999999999999999999999999

「今信号をまってるうちの何人が平和を望んでるか?」とか想像したコトありますか。     、明らかに戦後最大の歴史的分岐点に立っている今、日本が戦争をする国にだんだんとな
っていくようなこの波長の中、黙ってみていたくなくない?!?
まず、普段の日曜日に、背番号9のシャツを着て渋谷のスクランブル交差点を歩こう。
「背番号9」は「平和憲法9条の9」です。あの交差点に「9」を増殖させよう。
      日時 4月25日(日)午前10時集合10時半頃までに出発
     渋谷のモアイ→交差点→明治神宮へ(ココではBeGoodCafeをやっています)
*Tシャツは9LOVEのものでも、自前のシャツでも、サッカーのユニフォームでもOK。
 背中とお腹に大きく9と書いたものがノゾマシイ。
 集合場所に持って行きますので、当日調達もOK。
 連絡先 thesloth9love-owner@yahoogroups.jp





























































 

(無題)

 投稿者:宇宙塵  投稿日:2004年 3月 5日(金)00時17分42秒
   火星に水の痕跡?。今のままでエネルギーを消費しつづけると、あと地球が5個が必要だと云われる国からのニュース。世界情勢が大変な時に、なぜ火星なの?。それより、地球上から戦争や紛争、飢え、差別や抑圧などを無くす方が先だと、僕は想います。そして、地球上のどの地域から火星や星座などの星空が見られる環境に、すべきです。たとえば、東京の空が満天の星空になったら、素敵だと想いませんか?。
 

(無題)

 投稿者:宇宙塵  投稿日:2004年 1月24日(土)00時00分15秒
   こんな国に誰がした。これは、養護学校の文化祭で僕たちのクラスで行った寸劇のメッセージ。国会での野党とやる気のない小泉首相のやり取りを視ていて、想った。
 最近、僕の身体が疼きはじめた。殺されるという予感が、大きくなってきたからだ。これは今まで蓄積された障がい者の皮膚感覚なのかもしれない。と同時に、こんな国に誰がしたのではなく、私たちがしたのだと痛感する。
 こんな国に私たちがしたのだから、私たちの手で解決できるはず。と、僕は希(うすい)、希望の中で想った。福田
 

ドキュメンタリー映画『ヘンニムの輝き』上映会

 投稿者:K&J Documentaryメール  投稿日:2004年 1月17日(土)22時45分45秒
  『ここに戦争はありません ここに差別はありません
世界の人が手をつなぐ秘密がここにあるのです』

“多文化共生”をテーマに持つ桜本保育園(川崎市)の子ども達を一年間にわたり
取材したドキュメンタリー。
異なる民族背景を持つ子ども達が共に生きる姿は、今の時代にメッセージを与える。

第7回釜山国際映画祭 第19回LAアジアンパシフィックフィルム&ビデオフェスティバル出品
韓国国営テレビKBS放送

日にち 1月24日(土)
場所  川崎市国際交流センター
時間 18:30開場 19:00上映
チケット 1200円(前売りのみ)

詳細はホームページをご覧ください。

http://www.geocities.jp/kandjdocumentary/homepage/

 

天木直人氏講演会

 投稿者:mikitaメール  投稿日:2004年 1月14日(水)20時56分52秒
  前駐レバノン特命全権大使である天木直人氏の講演会があります。みんなで参加しましょうね。

テーマ:イラク派兵に反対します! 『さらば外務省』著者。おおいに語る!
日時:2004年2月28日(土) 18:00~20:00
場所:川崎市産業振興会館1階ホール(JR川崎駅西口5分 TEL:044-548-4111)
定員:500名 参加費:1000円
主催:「週刊金曜日」を応援する会・神奈川
問合せ:jo8c79@fiberbit.net
 

レンタル掲示板
/10